長白仙参 ロコモ対策

長白仙参では筋肉量アップが期待できます

長白仙参は体にいい植物ですが、具体的に長白仙参でどのような効果が期待できるのでしょうか。

年齢を重ねると、体の痛みや運動能力の低下といったものを感じるようになります。
もちろん、人によっては別の原因があることもあるのですが、その多くが筋肉量の低下によって起こっているのです。
つまり、筋肉量の低下にアプローチすることができれば、加齢による不調といったものを改善できる可能性があるのです。

長白仙参には、筋肉になりやすい9種類の必須アミノ酸が含まれています。
筋肉というのはたんぱく質でできており、そのたんぱく質というのはアミノ酸が集まることによってできるのです。
アミノ酸の中でも筋肉になりやすいアミノ酸、しかも体の中では作り出すことのできない必須アミノ酸を配合することによって、筋肉量のアップを目指していくことができるのです。


ただ、アミノ酸だけでは効率よく筋肉になることができません。
そこでポイントとなってくるのが長白仙参に含まれている「長白参エキス」です。

長白参エキスが「筋肉を作れ!」とアミノ酸に働きかけることによって、より多くのアミノ酸が筋肉になっていくのです。
漢方における自己回復力に基づいた考え方で、筋力というものをサポートしていくことができるのです。

長白仙参はより効果の期待できるロコモ対策商品です。

長白仙参で筋力を付け健康的な毎日を

中高年の方というのは、やはり「歳だから・・・」と年齢を理由にして諦めてしまう部分があります。
確かに、人間の体というのは加齢によって衰えていくものです。
筋肉量が減って、筋力が衰えてしまうのも自然の摂理ですし、仕方のないことです。
しかしながら、だからといって対策がないというわけではないのです。

対策をしなければ、本当にロコモになってしまうかもしれません。
長白仙参に加えロコモを予防する食事にも気を遣った方が良い結果が出るようです。

長白仙参を続けることによって、筋肉量の低下を防ぐことができますし、運動を取り入れることによってよりいっそう筋力をアップしやすくなります。
筋肉量の低下を防ぎ、筋力アップが実現できれば、これまで加齢によって感じていた体の不調といったものもなくなっていくかもしれません。
より動きやすく、よりつまずきにくく、膝関節や腰の痛みなども和らぎ、より健康的な毎日を送ることができるのです。

長白仙参の特徴について

長白仙参には、筋肉の源となる厳選された9種類の必須アミノ酸と再春館製薬所だけの独自成分である長白参エキスが含まれています。

長白参はおわかりの通り、長白仙参の名前の由来にもなっている原料です。
長白参というとあまり聞き覚えや見覚えがないかもしれませんが、「高麗人参」と言えばご存知の方も多いのではないでしょうか。

長白参というのは、過酷な自然環境の長白山脈で7年もの時間をかけて育て上げられた希少な高麗人参なのです。
ちなみに、高麗人参は「オタネニンジン」とも呼ばれています。

厳しい環境の中で育て上げられる長白参だからこそ、生きるために畑の養分を根こそぎ吸い上げるのです。
実際に、長白参の収穫後には30年ほど畑が使えなくなるとも言われています。

この長白参から抽出されたのが長白参エキスで、このエキスは再春館製薬所だけの独自成分です。
長白仙参にはこの長白参エキスがたっぷりと配合されているのです。

長白仙参には生薬である長白参が含まれているわけなのですが、通常、生薬が含まれている商品というと粉末や錠剤、カプセルといったものを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

確かにそういった形状のものは多いのですが、年齢を重ねてくると飲みにくさを感じる方も少なくありません。
そういった部分も考慮し、長白仙参はゼリータイプになっています。


1本わずか20グラムのゼリーなのですが、その中にはアミノ酸と長白参エキスがたっぷりと配合されています。
いつでもどこでも食べ切ることのできるスティックタイプとなっていますので、持ち運びにも便利です。
ちゅるちゅるっと食べられるゼリーだからこそ、食事の負担にもなりません。

もちろん、生薬が入っていることもあり、その味わいは独特です。
爽やかな酸味と甘みに加えて苦味を感じられるでしょうが、苦味があるからこそ「体にいい!」「効いている!」という実感を得られるのではないでしょうか。
中高年の方にとっては結構クセになる味かもしれません。



長白仙参 効果的な利用方法について

長白仙参で効果を感じるのは、大部分の筋肉が生まれ変わる約3ヵ月後だと言われています。
もちろん個人差はありますが、体操など身体を動かすことを併用すれば実感は早まりそうです。
ですから、長白仙参を食べるのは身体を動かす日中が良く、身体を休める夜は効果が少ないようです。


口コミを読んでみると、長白仙参を始める前の歩幅より3ヶ月後の歩幅のほうが広い、と実感された方が多く見受けられました

筋肉が付けば関節への負担を減らし、痛みにもよい影響を与えると考えられます。
また、意識して姿勢を正すことも少なくなってきます。

しかし、ケアをしなければ筋力は落ちていきます。
継続的な筋力キープのために、長白仙参(+体操)の習慣を続けた方が良いです。

「長白仙参」は、医薬品ではなく“健康食品”です。
お薬ではありませんので、決められた量(1日1本)を食べる分には、お薬や他のサプリメントと一緒に召し上がっても差し支えありません。
しかし、食事制限がある場合には注意が必要です。

長白仙参は1本わずか20グラムのゼリーだから、年齢を重ねた方でも食事の負担になりません。
いつでも、どこでも食べきれるスティックタイプですから、食べる場所や時間を選びません。

長白仙参でより良い習慣をお作り下さい。

長白仙参の成分

筋肉はアミノ酸が多く集まったタンパク質でできています。
アミノ酸はとても小さく、プロテインなどよりも体内に吸収しやすく、筋肉になりやすい物質です。

長白仙参は食事でしか摂る事の出来ない9種類の必須アミノ酸が配合されています。
特に、筋肉になりやすいロイシンが40%も含まれています。
そして筋肉の生成を助ける長白参エキス(オタネニンジン)が250r配合されています。



オタネニンジン


カロリーは1本あたり12.5kcalです。
どこでも簡単に食べることができるように、少量の甘味料で味が整えてあります。
使用している原料は再春館製薬所で安全性を慎重に確認されたものですので、安心して食べることができます。

■長白仙参原料、成分
配合量(1本20g当り)
アミノ酸:1,000r 長白参エキス:250r

栄養成分表示(1本20g当り)
・エネルギー:12.5kcal ・たんぱく質:0.74g ・脂質:0g ・炭水化物:2.3g ・ナトリウム:4.8r

原材料名
還元水飴、パインアップル果汁、りんご果汁、オタネニンジン抽出物、パラチノース、
ロイシン、ゲル化剤(増粘多糖類)、リジン、香料、バリン、イソロイシン、トレオニン
クエン酸、フェニルアラニン、甘味料(アセスルファムK、ネオテーム、スクラロース)
メチオニン、ヒスチジン、トリプトファン

長白仙参はより効果の期待できるロコモ対策商品です。

 

サイトマップ

ビロゴン